2018年12月1日、瞑想会開催!!クリスタルボウルの生演奏と夢のコラボ!あなたのお越しをお待ちしております。
ステージ光は好転反応を経験できるヨガ・瞑想・笑顔セミナーを提供しています

ステージ光は体と心両面からのデドックス、浄化を目指した教室です。 浄化途中で起こる、好転反応を経験される方が沢山いらっしゃいます。 あなたもご一緒に体験してみませんか?
☎080-3179-6724

詳細はこちら

猫背・巻き肩改善、とっておきのポーズ紹介、美と若々しさを!ヨガクラブ指導

ヨガクラブ指導

久しぶりのヨガクラブはまっ黒になった元気一杯の子供達

ありがとうございます。
ステージ光代表、樋口智英子です。

昨日は久しぶりに長野市立柳原小学校ヨガクラブの指導日でした。
夏休みがあり、2か月ぶりのヨガクラブです。

久しぶりに会う子供達はまっ黒に日焼けをしていました~。
どこで焼いてきたのでしょうか?

海かな?山かな?それともプール?サッカーという子もいましたよ!

そしてますますヨガクラブはパワーアップです。

 

姿勢を正すポーズに挑戦

小学校高学年から第二次成長が始まり、姿勢よくなくなるのもこの時期ですよね。

担当の宮本先生によると、ヨガクラブに入ってくる子供達は姿勢がよく体も柔軟なんだそうです。
つまり優秀な子供達ばかりです。

でもやはり背中が丸くなりがちなので、昨日は姿勢を正すポーズを行いました。

背骨全体、特に第1胸椎から第8胸椎の修正、そして巻き肩の改善に効果のあるポーズを行いました。
「猫背・巻き肩改善、とっておきのポーズ紹介」にある下の写真です。

簡単そうに見えますね。
でも子供達は「もう出来ない」の連発でした~。

 

巻き肩って何?

あなたは巻き肩をご存知でしょうか?
巻き肩とは、肩甲骨が開き、肩先の中心が耳の下から体の前に出てきてしまっている状態を言います。

つまり肩関節前側の大胸筋が縮んで硬くなり、反対に肩関節外側の僧帽筋が常に伸びている状態です。

これは肩凝りの大きな原因です。
常に肩こりと付き会っているあなたは、巻き肩かもしれません。

巻き肩になっていると、当然猫背で、お腹の力は抜け、肺や肝臓、胃の機能が低下します。
ひいては内臓全体が機能を落とし、体全体がエネルギー不足になってしまうでしょう。

そしてスタイルは猫背体型、昔のおばあちゃん体型ですね。
美しくないかも!

健康や美を失うもとですね。

女性にとって巻き肩を改善することはとても大切!

そこで猫背、巻き肩をいっぺんに改善出来てしまうとっておきのポーズを行いました。
早い方でしたら1回のポーズで変化が実感できますよ~。

ポーズの方法は後程ご紹介いたします。

毎日の習慣にされるといいですね。

是非やってみてください。

 

子供達の素敵な写真も撮りました。

ヨガクラブ後半は、来月撮るヨガポーズ写真の練習を行いました。
宮本先生に撮って頂いた写真を紹介いたします。

 

凄すぎ!もう私は感動しちゃいます。

写真がアートのように見えますよね。

 

猫背・巻き肩改善、とっておきのポーズ紹介

では早速ポーズをご紹介いたしましょう。

レッツトライ!

やってみてね!

 

 方法

  1. うつ伏せで寝ましょう。両手を肩のラインで横に開き、手の平を下にします。
  2. お顔は左を向きましょう。
  3. 左足を膝から曲げ、足の裏を右足外側の床に付けましょう。(写真上を参考にしてください)
  4. 息を吐きながら左手を、手の平が上向きのまま後ろにもっていきます。肩甲骨を意識しながらぎゅっと縮めます。このままゆっくりと3呼吸しましょう。
  5. 両手を組み、出来るだけ上方向(頭方向)に上げます。(写真のポーズ)
  6. 右足も、左足同様に立て両膝をくっつけます。このままゆっくりと3呼吸しましょう。
  7. 膝頭を出来るだけ右に倒し、このままゆっくりと3呼吸しましょう。
  8. ゆっくりと体を戻し、くつろぎのポーズに入ります。

子供達は両膝が床に付いてしまいます。なんて体が柔らかいんでしょ!

このポーズをすると、背骨が正され、肩が正しい位置に戻ります。

このポーズを1日1回、左右2回ずつやってみましょう。

1か月後には美しい姿勢のあなたがそこにいるはずですよ。

1、肩に強い刺激がある場合は無理をせず、出来る範囲で行いましょう。
2、ヨガの基本、呼吸はしっかりと行いましょう。

 

来月はいよいよ写真撮影です。

来月はいよいよ子供達のヨガポーズ撮影です。
とても楽しみにしています。

子供達には、自分の好きなポーズを決めてくるようにお願いしてあります。
どうなるでしょうか?

体が成長するとヨガの多くのポーズが取れなくなります。

この時期にポーズ写真を撮っておくと、小学校時代のとても素敵な思い出になりますよ~。

どんな写真が撮れるか、ご期待くださいね。

 

今日のまとめ・ポイント

巻き肩とは、肩甲骨が開き、肩先の中心が耳の下から体の前に出てきてしまっている状態を言います。
つまり肩関節前側の大胸筋が縮んで硬くなり、反対に肩関節外側の僧帽筋が常に伸びている状態です。
巻き肩になっていると、当然猫背で肩が凝りやすく、お腹の力は抜け、肺や肝臓、胃の機能が低下します。
ひいては内臓全体が機能を落とし、体全体がエネルギー不足になってしまうでしょう。

美しさと健康を手に入れる為には、巻き肩を修正することがとても大切です。
今日ご紹介したポーズを1日1回、左右2回ずつやってみましょう。

1か月後には美しい姿勢のあなたがそこにいるはずですよ。

今日ご紹介したポーズをやってみてくださいね。
来月の子供達のポーズにもご期待ください。

今日も素敵な一日をお過ごし下さい。

ありがとうございます。

ヨガ・瞑想・笑顔セラピー光・着付け・各種セミナー

お申込みはこちら