2019年1月20日、健康ワークショップ開催!!ダンス、瞑想、お話で人生のステップアップ!あなたのお越しをお待ちしております。
ステージ光は好転反応を経験できるヨガ・瞑想・笑顔セミナーを提供しています

ステージ光は体と心両面からのデドックス、浄化を目指した教室です。 浄化途中で起こる、好転反応を経験される方が沢山いらっしゃいます。 あなたもご一緒に体験してみませんか?
☎080-3179-6724

詳細はこちら

栗田文化祭でヨガ指導!!肩こり改善ヨガでスッキリ

セミナー

今年の冬は肩こり改善ヨガで、軽い体を手に入れよう!

ありがとうございます。
ステージ光代表、樋口智英子です。

11月18日は栗田文化祭でヨガ指導をいたしました。
天気がよく、とても暖かい1日でした。

毎年この文化祭はとても寒い為、何を着ようか考えてしまいます。
一昨年はダウンのチョッキを着ました~。

ところが今年はとても暖かく、ありがたかったです。
ノースリーブでも大丈夫だったかもしれません。

文化祭は熱気ムンムン

文化祭は日本舞踊や、歌、詩吟、等を日頃勉強されている方が発表されます。

とても華やかです。

毎年見させて頂いております。

日本舞踊は初め全く分かりませんでした。

今年よく見ていると足腰の強い方の踊りが、「滑らかで美しく見えるな。」と感じました。

いかがでしょうか?

ヨガは長い間、文化祭の発表をしませんでした

この栗田ふれあいセンターでのヨガ指導は10年以上です。

2番目に長い教室です。

毎年文化祭のお話を頂いていたのですが、長い間発表には参加しませんでした。

「健康増進」を目的としている為、人にお見せするヨガは行っておりません。
もう一つヨガ教室に来て下さる皆様が大変奥ゆかしく、人前に出る事は好まれないようです。

これは私の思い込みかもしれません。

ところが4,5年前にどうしても発表してほしいと頼まれました。

そこで発表ではなく指導にいたしました。

私が文化祭参加者にヨガ指導をしながら、ヨガ教室の皆様が一緒にポーズをするという形をとりました。

ところが昨年からヨガ教室の皆様が参加されなくなり、私一人の指導となりました。

ヨガだけ文化祭の趣旨から外れています。

よく分からないのですが、毎年ありがたくヨガ指導させて頂いております。

とっても嬉しいです。

今年も肩こり改善ヨガ!!

今年も、「肩こり改善ヨガ」というテーマでヨガ指導をさせて頂きました。

会場の皆様は椅子に座り混みあっている為、ヨガテーマは制限されます。

ちょうどこの寒くなるシーズン、肩こりを感じる方は多いですね。

そこで毎年取り上げているテーマです。

今年は2つの筋肉紹介!!

今年は肩凝りに関係する2つの筋肉を紹介させて頂きました。

  • 長掌筋(ちょうしょうきん)
  • 腕橈骨筋(わんとうこつきん)

 長掌筋とは?

位置
  • 手の平を上にして腕を伸ばし、肘から手首にかけて、腕の真ん中に中央線を引きましょう。
    その中央線から小指側に少し寄った部分に長掌筋があります。
  • 長掌筋は肘の上から始まり、手首の辺りまで伸びる筋肉です。
  • 手で握り拳を作った時、手首の真ん中から肘方向に盛り上がった線が浮き出ます。これが長掌筋が骨にくっつく為の役割をする腱です。
働き
  • 手首を曲げる。
  • 手掌腱膜を緊張させ、手の血管や神経を守る。
長掌筋が硬くなると?
  • 腕が重くなる。
  • 肩こりに影響。

 腕橈骨筋とは?

位置
  • 腕橈骨筋は親指を上にして腕を伸ばした時、親指と肩の中心を結ぶライン上で、肘のすぐ親指寄りの盛り上がって見える筋肉です。

ボディビルダーはよく発達をしていますね。

  • 肘の上からスタートし、手首の辺りまで伸びる、大きな筋肉です。
働き
  • 肘関節を曲げる。
  • 肘を内側、外側に回す。
腕橈骨筋が硬くなると?
  • 腕が重くなる。
  • 肩こりに影響。

ということでこの2つの筋肉を柔らかくすることで肩凝りを改善することができます。
びっくり!

そこでとても簡単なヨガをご紹介させて頂きます。

長掌筋と腕橈骨筋を柔らかくする為のヨガ!!

とても簡単ヨガです。

是非やってみてね!

 長掌筋ヨガ

  1. 手の平を上にして左手を伸ばします。肘の下を台の上に乗せるとよりやりやすくなります。親指を中にして右手で握り拳を作りましょう。
  2. 握り拳の第二関節を左手の肘のすぐ下にあて、押しもみをします。
  3. 気持ちよいと感じる、2~3分くらいを目安としましょう。
  4. 終った後は左手首を右手で握り、ゆっくりと肘、肩へとさすり上げ、そのまま鎖骨へともっていきます。これを2,3回くりかえしましょう。

 腕橈骨筋ヨガ

  1. 親指を上にして左手を伸ばします。肘の下を台の上に乗せるとよりやりやすくなります。親指を中にして右手で握り拳を作りましょう。
  2. 握り拳の第二関節を左手の肘の直ぐ下、盛り上がった部分にあて、押しもみをします。
  3. 長掌筋ヨガの3、4をしましょう。

これから寒くなると血行が良くなくなりますね。

肩こりを感じる方が多くなると思います。

長掌筋と腕橈骨筋を柔らかくすることで、肩こりを改善することが出来ます。
そこで長掌筋・腕橈骨筋ヨガを行いましょう。

冬こたつにあたってできますよ。
テレビを見ながらでも大丈夫です。

今日のまとめ・ポイント

長掌筋と腕橈骨筋の凝りは肩こりに影響します。
つまり長掌筋と腕橈骨筋の凝りをほぐすことで、肩こりの改善が見込まれます。
そこで長掌筋・腕橈骨筋ヨガを行いましょう。
とても簡単ですので、いつでも、どこでも、一人で出来ます。
今年の冬は、肩こりと無縁になるかも!
今日も素敵な一日をお過ごし下さい。
ありがとうございます。

ヨガ・瞑想・笑顔セラピー光・着付け・各種セミナー

お申込みはこちら